circle Potion information

同人サークル“circle Potion”を中心とした情報共有スペースです。

こんにちは、こんばんわ、先日、友人に
「小説、読みましたよ」
と言われて、ガチ赤面しました。
ホントに恥ずかしい。
辱められた気分ですわ…。
でもやっぱり、感想は力になりますね、circle Potionです。

R18作品の場合、プロットや台本をお渡しして、
ト書きで「こうしてください」とポイントを書き、
ある程度、外注にしてしまえるからでしょうか、
そんなに恥ずかしいと思わなかったのですが、
小説だけは逃げ場がない感覚が強くあります。
イラストに関しては、R18の方でスピンオフ企画もしているので、
キャラのイメージ共有のため、拙いスケッチを描いていたりも。
それに関しても凄まじく、赤面しております。
これまでは文章でお伝えしていたもので…。

そんなわけで、連載していくネタも下書き→デジタライズを経て、
現在、加筆修正作業中。ほぼ終盤に入ったので、
いろいろと情報を解禁していこう、という感じで

Webサイトを別に作りました。

これまでのサークルサイトの中にもページは一応作ったのですが、
思うところがあって、独立したものを1つ。

公開しているイラストは、うちのサークルの初期からとてもお世話になっている切世さんと、
1月頒布の新作のジャケットを担当していただいた猫宮さえかさんです。
写真がNo Imageで入る構成のテーマなので、そこは自分でロゴを作りました。
ヘタするとそればっかりになっちゃうので、一応、どうするかは考えはあります。
それは春以降になりますね。

コンテンツは、まだほとんどないのですが、名刺代わりにという感じです。
良かったらご覧ください。
小説は、文章の癖が強いし、ネットではユーザビリティが良くない形かもしれませんが、
ご容赦ください。

ACT.1のタイトルもTwitterで記載したり、少しずつ情報を解禁しています。
スピンオフのR18ボイスドラマ『ウチが君の初めての…』のくのいちさんも出てきます。
関西弁を使う、というので先に声やイメージを世に出せたことは良かったです。
「柚木桃香さんの声とイントネーションしかない」と思っていたりしたもので。
他の女性キャラも、キチンと声を想定して書いています。

ともあれ、1月は新作のご購入、本当にありがとうございました。
レビューもありがとうございました。くのいちさん、声、かわいいですよね…( ´ω`)
古い作品ですが、同一世界線上の『プリ×プリ』が2月6日まで半額セール中です。
こちらも購入していただいた方がいて、とても嬉しかったです。

ウチが君の初めての…~くのいちさんの手淫遊戯~ プリxプリ~姫君たちの饗宴~

今年は小説を軸にいろいろとやっていくと思いますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

小説の順次公開は2月23日までになんとかしたいところ。
理由は、翌日には『NieR:Automata』が発売されるからです。



2Bめちゃくちゃ萌えますね。
薙ぎ払われたい( ´ω`*)

こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。
寒い!皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ちょうど10ヶ月ぶりに新作を頒布することができました。
R18ボイスドラマです。

ウチが君の初めての…~くのいちさんの手淫遊戯~

C.V.は柚木桃香様、イラストは猫宮さえか様にお願いいたしました。

本作は、現在進行している小説企画『Quod Agis』のスピンオフとなっておりまして、
現在、執筆中の正伝の方に登場する盗賊兼忍者である女の子がヒロイン。
迷宮探索中に魔物に不意を突かれ、PTの魔術師が放った魔法で、
某所に転移されたことで起こった顛末を描いています。

特徴は、関西弁キャラであることです!

柚木さんの方言がめっちゃかわいかったので、「ぜひお願いします!」
ということで、お願いし、実った作品でもありました。
小説の方も、この声と喋りを想定し、現在公開に向けて進んでいます。

作品としては、とてもシンプルな内容にしました。
キス成分は、いつもよりある箇所から集中的にしております。

あと、本作の130年ほど前の話でもある『プリxプリ』が、
2月6日まで半額キャンペーン中。

プリxプリ~姫君たちの饗宴~

直接、お話的には関係がありませんが、世界観が同じ、
という設定になっております。
よろしければこちらもご視聴くださいませです^^

と、いうことで、新作、出ました。
晩夏よりいろいろと進行していた企画の音声パート。
思い入れたっぷりに制作させていただきましたので、
お気に召しましたら幸いに思います。

こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。
今日はちょっと漫画もしくはアニメの話。

昨日、寝る前に『亜人ちゃんは語りたい』のアニメ版第1話を見ました。
見ていて関心を持ったのは、この作品において、「亜人」がマイノリティであることです。

ファンタジー世界に出てくる登場人物としての「亜人」もやはりマイノリティで、
人間の数に対して、圧倒的に少ない少数種族という描かれ方が通常です。
僕個人は、「亜人」を最初に意識したのは、水野良さんが書かれた『ロードス島戦記』で、
ディードリットが原風景。パーンとの関係性はとても印象に残っています。

その後、サブカルジャンルでオーソドックスになっていった「亜人」ですが、
その「亜人」が、現代社会に少数でありながらも存在したら、どんな日常を過ごしているのか、
どんな学園生活を送っているのか、というのが『亜人ちゃんは語りたい』の主な内容のようです。
冒頭から、主人公というか狂言回し的な生物学科の教師・高橋のモノローグから、
「亜人」が一般的に「個性」と認識され、社会に受け入れられている描写がありました。
原作1巻収録の第1話にはなかった描写で市役所には「亜人」の専門福祉窓口があったりして、
「亜人」には「亜人」なりの専門的な悩みと社会保障があることを、さりげなく表現していました。
また、一部で人気が出るだろうなと確信しているメガネ巨乳なサキュバスの「亜人」佐藤先生は、
サキュバスゆえに、日常生活と年頃の女性としての悩みがあり、
日々、悶々としています(性的な意味ではなく)。
ヴァンパイアのひかり、デュラハンの町などもそれぞれに悩みを抱えており、
その姿は、なんとなく「ソーシャル・マイノリティ」に共通するものだと感じました。

去年はパラリンピックで身体障害者の方が全力でスポーツを競い合う姿を見ることができました。
LGBTやGIDに関する課題や自治体の対応なども多くのメディアが取り上げました。
ジェンダーに関しては、今後も深く議論されるでしょうし、理解も高まると思います(そう願います)。
そして、去年は重度知的障害者施設で凄惨な事件が起こり、その危険な思想が問題となりました。
秋には聴覚障害者の少女と同世代の学生たちの交流、
そして少女の家族の苦悩を描いた『映画:聲の形』が公開され、
映画館での上映方式に様々な意見が飛び交いました(僕は字幕上映で良かったと思います)。
これまで声をあげにくかったソーシャル・マイノリティに対しての議論が活発化し、
理解が深まっていくことは、とても良いことであると思います。
これは「障害」だけでくくることなく、民族間も含めて考えると、考えさせられるものがありますね。
移民政策は今後、日本に必ずやってくる大きな課題です。
当然、それに反発する流れというのも悲しいかなあるわけですが。

そういった社会の流れの中で、『亜人ちゃんは語りたい』は連載され、アニメ化までされました。
ソーシャル・マイノリティを考える手引きになる面もあるのではないか、と感じます。
意図的にアニメ版はそこを強調した第1話で、僕は原作の1巻より好感を持ちました。
少し視点を変えると、ただの萌えアニメではない、と感じる作品です。
アニメのシリーズ構成を含めて、今期注目の一作。



こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。
大晦日です。

2016年は、春にR18ボイスドラマ作品を1作を頒布させていただきました。
サークル9作目『レポート』の続編ということで、声をあてていただいた卯月杏奈さん、
ジャケットイラストをお手伝いいただいた吉野あやさん、本当にありがとうございました。
お二人がいなければ、続編という作品の性質上、本作は成り立ちませんでした。
そして、購入していただいたユーザーの皆様、本当にありがとうございます。
評価コメント、レビューなどとても励みになりました。

約束-Report Sequel-

サークルとしての動きはすこぶる鈍っておりますが、
地味にいろいろと夏以降はできたかなと思っております。
大きかったのは諸々の偶然と行動から開始した小説配信でしょうか(『Quod Agis』)。
現在「小説家になろう」さんに場所をお借りして掲載しておりますが、
『Quod Agis-Walkure-』に関しては、正伝に対しての外伝・中編的な扱いで完結しております。
思い入れの強い作品ゆえに癖のあるモノですが、よろしければどうぞ。
これに連動して、世界観を共にしているサークル7作目『プリxプリ~姫君たちの饗宴~』も、
再編集と効果音入れ替え等をさせていただきました。
また、現在本作の長編も執筆しており、イメージ音楽配信等々も来年に予定。
一部配信予定の楽曲はサウンドクラウドでデモトラックを公開中です。

『Theme of Rose[Walkure]』(Voice Actor:織田リコ)


これらにR18ボイスドラマも連動して動きます。
依頼を請けてくださった関係者の皆様、本当にありがとうございます。

同人活動としてはいろいろとやりたいことをさせていただいている毎日です。
ひとえに、お手伝いをしてくださる皆さんや、頒布作品を購入してくださるユーザー様、
レビューやコメントを書いてくださった方々のおかげだと思っています。
あと、Twitterのフォロワーさん。いつもTLを荒らして申し訳ありません。
今年は秋から音声作品サークルさんのフォローが増えて、皆さんの活動の熱を感じています。
いろいろやってる変なサークルですが、今後ともよろしくお願いいたします。

なんだかんだで来年で活動7年目。
2017年で7つながりだなぁ、とぼんやり思いながら、ご挨拶とさせていただきたいと思います。

来年が皆様にとって、良いお年でありますように。

こんな時間になるなんて…。
こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。
諸々のファイルの引っ越しが上手くいかず、断念したところです。
何がおかしいのやら…(考えるのをやめました)。

ページ的には暫定的(半永久かもしれませんが)にR18指定のページに設置。
小説企画『Quod Agis』を正式に公開しました。

※小説への直接リンクはこちら
※R18サークルサイトページはこちら
(18歳未満の方は申し訳ありませんが、ご遠慮ください)

基本的にR18ページの方がいろいろリンク飛ばしてますが、
SNSでは既出のモノばかりです。
全年齢ページは後日、必ず作ります。

ということで、いろいろと準備してきたのですが、
暫定的に本編を12月7日にUP、あとがきを8日に書きまして、
各方面、現時点で関係してくれた方々にご連絡をとって、
本日、正式にページを公開しました。

ぶっちゃけると、初めて18禁シナリオ書いた時より恥ずかしいです。
不思議なものですね。あっちは委ねちゃったからでしょうかね、勢いで。

全体的に青臭い小説となっております。
異世界ファンタジーですので、「テンプレじゃん」と思われることもあるでしょうが、
そうですね、でもこういうのが好きなもので。

書くに至った経緯は「あとがき」に詳しく書いてありますが、
簡単に言うと、今年の晩夏に企画したR18ボイスドラマ作品がありまして、
そちらが10月に諸事情で宙に浮きました。
その企画のヒロインであった「エルフの騎士」をどうしても書きたくて、
小説で表現するに至りました。
一応、完結はしておりますので、よろしければどうぞ。

なんだかんだで小説を書いて公開するのは8年ぶりです。

エルフの騎士の声、サンプルありがとう、織田リコさん。
必ずどこかで活用します。いっぱいいっぱい、ありがとう。
そして、6年前『プリ×プリ』に参加してくださった椎那天さんと涼貴涼さん、
イラストやアイコンを担当していただいたCPUさん、当時も至らない自分でしたが、
親切に対応していただいて、本当に感謝しています。

だいたいサークル第7作『プリ×プリ』と同一軸の設定とし、
そこから130年後くらいを起点して書き初め、
紆余曲折ありながら書き終え、公開まで至りました。
これに合わせて、R18音声作品と音楽作品の企画なども現在進行中。

そして、小説の方は、現在長編の方を書いています。
これは現在下書きで4章2節まで進行中。こちらも「なろう」に公開予定。

と、いう感じで来年からの動きは、このジャンル連動企画をしばらくやっていきます。
現在半額セール中の『プリ×プリ』ともども、よろしくお願いします…。

プリxプリ~姫君たちの饗宴~

このページのトップヘ