circle Potion information

同人サークル“circle Potion”を中心とした情報共有スペースです。

こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。

サークル第7作目『プリxプリ~姫君たちの饗宴~』を差し替えました。
音声の一部見直し、ファイル名の変更といった感じの軽いアップデートです。
出演声優さまの名義変更に合わせて作業させていただきました。
こういうこともこれで最後となります。

最後なので、記念に10月24日まで70%OFF価格で頒布しようと思い、
せっかくだし、同じ世界観の物は当然、ファンタジー寄りのボイスドラマも、
ということで計8作品を割引価格で頒布させていただいております。

良かったら手にしてみてくださいね。ではでは!

プリxプリ~姫君たちの饗宴~【Last Tuning】

ウチが君の初めての…~くのいちさんの手淫遊戯~わたしがおまえの勇者さま?~インクブスの刻印~局員さんは欲求不満

ラブデス~わたしの中に出してくれないとダメなんですよ?~Re:ラブデス~貧乳だってできるもん!~666-デビルズ-狐さんのつまみ食い

こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。
たいへんご無沙汰しております。
キャンペーン等々ではご購入やTwitterのRTなどありがとうございました。

さて、今回は【小説】に関するお話です。

さきほど短編小説を2編、アップロードさせていただきました。


*『ヴァラクと呼ばれた娘』

*『Quod Agis-Walkure- 【改訂版】』

上記2点です。



長編に密接にかかわるというか、外伝扱いが短編の立ち位置なのですが、今回もそうなります。大きな転換点として、一般的な「なろう」からミッドナイトノベルズでの掲載へと移行させていただきました。これはこちらで判断したのですが、

特に『ヴァラクと呼ばれた娘』に関して、

*主人公が長編に比べて雰囲気が幼いこと・幼いイメージを読者に与えること
*主人公に対しての虐待描写があること

この2点が大きな理由です。
どうにか一般向けにと考えたのですが、要素として捨てきれませんでした。

また、現在執筆中のACT.3では、どうしても性描写がなければ不自然になるパートがいくつかあり、移行を決断いたしました。完結編にあたるACT.4は『皇女アムネリア』という人物に焦点が当たるため、性描写・暴力描写が激しくなることも「大人向け」枠への移行のきっかけとなりました。

後者『Quod Agis-Walkure-』はミッドナイトノベルズ版として改訂。
内容にほとんど変わりはありませんが、細かな設定の変更等々を行い、加筆修正しています。

これはに伴い、ACT.1とACT.2も加筆修正を行って、そちらに移行させることになります。

つまり、現時点では

*長編→なろうにそのまま
*短編→ミッドナイトノベルズ

という掲載方法になっております。

ごくごく個人的に進めている活動ですが、Webで公開している以上、報告はしておかないとまずいだろうと思い、ブログの方に記載させていただきました。

ご容赦・ご了承いただけましたら幸いです。

公開の幅は狭まりましたが、表現として書く分には広がったかなと思って書いていこうと思います。
よろしくお願いいたします。

こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。

今回はちょっとしたご報告となります。

2019年1月16日をもちまして、当サークルは同人音声作品の制作をほぼ終了させていただきます。

終了することに関しては、数年前から考えていましたが、先日、体調不良が重なり、精密検査を受けました。前々からストレスからくる血流の異常があり、耳鳴りなどに悩まされていたのですが、今回の検査の結果、右耳の低音域の聴力が完全に失調、障碍者レベルであるとあらためて診断を受けました。聴力を取り戻すのなら手術(こちらは戻る保証はないとのこと)か補聴器を付けるかの二択しかなく、左耳でカバーできる間は自然なままがいちばんだというアドバイスを主治医からいただきました。

右耳の低音域が聴こえないというのは、例えばバイノーラル作品等々では、「囁かれた声」が全く聴こえない状態ということです。また、右と左にパンニングした音もかろうじて捉えることができても、音の大きさが違ってしまい、「正確な雰囲気や空気感、距離感」を捉えることができないということになってしまいます。今後、バイノーラルが主流になっていくであろう音声同人というジャンルにおいて、作業の過程で声優様の演技の幅をきちんと捉えることができない可能性がある。それは演者の方や購入していただくユーザー様に対して失礼ではないか、と判断し、制作の継続を断念せざるをえなくなりました。

2010年6月22日の処女作『2F』頒布から、9年間、さまざまな形・シチュエーションの音声作品を制作させていただきました。小さな個人サークルとして、至らないところもあり、いろいろと失礼ばかりだったと思います。しかし、快く依頼を請けていただき、制作に参加いただいた声優・イラストレーターの皆さまには感謝しかありません。演者にとって、楽しく演じていただけるシナリオを、と思って少し変わったモノもあったかと思いますが、納品の際に「演じてみて、とても楽しかったです」とおっしゃっていただけたのがいちばんの宝物でした。

またイラストレーターの皆さまには、声という分野において、ジャケットという素敵な洋服を描いていただいたこと、本当に助かりました。そして、頒布した作品を購入していただいたユーザー様には本当に支えていただきました。

心より皆さまに感謝いたします。

最後に、冒頭「同人音声作品の制作をほぼ終了」と書かせていただいたのは、1作だけ諸々の事情から「凍結」状態にしている作品があるからです。それはTwitterのアイコンにさせていただいているキャラクターのお話。担当声優さまの活動休止が重なり、もし活動を再開されたらぜひ、ということで「凍結」という形をとっています。『おまえがわたしの勇者さま』という作品ですが、今のところはどうなるかわかりません。もし制作できる流れができれば、その作品を頒布して、本当に最後、ということになるかと思います。

ともあれ9年間、同人音声サークルとしていろいろな作品を制作させていただき本当にありがとうございました。既存作品の頒布は引き続き行っていきますし、参加していただいた皆さんの演技やイラストのすばらしさは色あせないものでもあります。至らなかったのは自分のマネジメントやマーケティング能力だったと思っていますが、「制作に参加する人たちがいちばん楽しめるものを!」というモットーを第一に掲げていた点では、ある程度は結果を残せたかな、と思っています。

乱文・長文になり申し訳ありません。

本当に本当に、9年という長い間、ありがとうございました。

少しでも描いてきた女の子たちが、誰かのヒロインとして記憶に残りますように…。


2019.01.16:circle Potion

残暑が抜けきっていませんね。こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。
Blog更新サボっていました、というか、実質活動休眠状態でした。
スミマセン…

事情はいろいろあるのですが、ちょっとずつでも時間を見つけて何かの作業はしています。
その中で、ずっと気になっていたものの再調整がメインですけれども…。

小説などを書いて公開したりしているのですが、
それに関連した何曲かをガッツリと作りました。
それをずっといじってる日々です。

そんな中で一発録りで

『戯』


ArtWork:切世さん

とかSound Cloudで配信しています。

小説はコツコツと書いています。一度、書き切ったのですが、どうにも気に入らなかったので、
全編書き直しという感じに。ここまで手こずるとは思いませんでしたが…
結果的には良かったと思います。

音声関連は新規の作品発表の予定は今のところありません。
DLsiteさんのキャンペーン等々には参加しているので、よろしければ…
9月25日までだそうです。

コツコツできる範囲で何かをしていけたら、というノリでやっていきます。
ではでは。

Blog完全に止まっていましたね…申し訳ありません。
こんにちは、こんばんわ、circle Potionです。

やや仕事など公私ともに忙しく、無理が利かないため同人活動は休止気味ですが、キャンペーンには参加させていただきました。スミマセン…

今回はこれまでよりも割引対象作品が多いかと思います。
すべて50%OFF。半額となります。
良かったら手にとっていただけますと嬉しいです^^

『キス』シリーズから▼
キスだけかうんたーあたっく!!

コミカル系ボイスドラマ『ラブデス』シリーズ▼
ラブデス~わたしの中に出してくれないとダメなんですよ?~Re:ラブデス~貧乳だってできるもん!~666-デビルズ-

その他ボイスドラマ等々▼
2F~ご賞味ください、ご主人様~Closed room~身体検査、しちゃってもいい?~ブラウス~お姉さんとぴゅっぴゅ!~プリxプリ~姫君たちの饗宴~D.O.LL.~あなたをもっともっと感じたくって~おくじょう-the rooftop-office-innocent darkness-sweet heart~Hのあとでも~W夢の中で~特別補修~Gift for...狐さんのつまみ食いI'm Sorry, Mom.~いっぱいお射精できたかな?~

愚直にシチュエーション系のR18ボイスドラマを中心に頒布してきました。
キス要素と中出し要素が多いですのでご注意ください。

それではよろしくお願いいたします!

このページのトップヘ